見てるだけでもテンション上がるラインナップに胸キュン! 

最近、新体操用のレオタードの販売サイトを新たに発見しました。一人でテンション上がっています(笑)。芸術スポーツはお金がかかるもの。

世界のオリンピック選手レベルともなるとレオタードも特注になるため、一着10万円コースだと聞いたことがありました。

でもこれはひと昔前の体操競技でのお話しだったので、今の時代だともっとお値段が張っていると思います。いずれにしてもコストがかかるということは分かります。

さて、そんなレオタード。出逢ったその販売サイトは新体操に特化しているだけあり、ひと通りレオタードラインナップを眺めているだけでも十分に目の保養になります。

たくさんある中で私の感性に合う、好みの一着二着が目に留まりました。「これはチャシナっぽい」「これはベッソノワ系だな~」「こういうのはカナエワっぽい」などなど、憧れの選手が着ていたタイプのデザインイメージをともに、ゆたかな気持ちになれるサイトですね。

見ているだけで元気にハジケるようなリズムで踊りだしたくなるようなヴィヴィッドカラーが一番インパクトがあったでしょうか。

どれもこれも、気に入ったものはそのあまりの素敵さに、思わず「うわ~素敵~・・・!」と声が出てしまうほどです。

何のスポーツウェアも、年々機能性もデザイン性も考慮が重ねられていますね。

それは美しさを競う新体操のレオタードとなれば、なおさら感じられるものでした。販売ページにも何年の新作!というレオタードが何着もあったように、レオタードも年々オシャレでファッショナブルになってきているのが見どころとも云えそうです。

実際、そういうレオタードに限ってやはりお値段の方も張り、一着5万円前後コース。1~2万円台のレオタードと比べるとやっぱりオシャレ度が段違いです。

どうせ買うなら安いもので妥協せず、ある程度高くても豊かな気持ちになれる方がいいですね。

色遣いやデザインセンスのクオリティ、タカラモノみたいに散りばめられたキラッキラのラインストーン、もうすべてが素敵すぎです。

自分で嗜んでいる別の踊りや日々のストレッチ&柔軟にも使える素敵なレオタード。

こんな一着をまとって柔軟したら、さぞ捗りそう・・・!と思うと、思い切って買ってみたいレオタード陣でした。折に触れてまたこのページに来ます。