乾燥肌のケアには正しい保湿が肝心

最近、肌の乾燥が本当にひどいです。しかも、私が困っているのは乾燥が部分的に起きているということ。

頬のいちばんたかいところや小鼻の上などはぱさぱさに乾燥しているのに、Tゾーンはどちらかというとてかってオイリーな感じになっているんです。

だから私は、乾燥した部分とオイリーな部分は真逆なケアをしないといけないんだと思っていたんです。でも違いました。

乾燥肌の原因とオイリー肌の原因は実は突き詰めると同じものだったんです。それはずばり保湿力不足。乾燥肌と言うのは、言うまでもなく肌から潤いが奪われて乾燥した状態のことです。

だからオイリーな場所は保湿しなくてもいいんだと思ったら実は逆で、乾燥した状態の肌に危機感を持った肌が皮脂を過剰に分泌するのがオイリー肌の原因だったんです。毛穴や皮脂線が多いところだけオイリーになっていたんですね。

だから乾燥が部分的に起きていたとしても、保湿は全体にまんべんなく行うことが大切みたいです。お風呂から出た後には、絶対にすぐ乳液や化粧水を顔や体など全身につけるようにしています。

このお風呂から出てすぐって言うのが乾燥を防ぐにはすごく大切です。お風呂から出てすぐって、身体からの水分の蒸散がすごく活発になるから。

いままではお風呂に入ったら、風呂場全体の蒸気で肌が潤う感覚があったので、出てすぐに保湿をするのをさぼっていたんです。これがだめだったんですね。

出てすぐに保湿をするようにしたら、明らかに肌の状態が改善されましたからね。身体の中で特に見落としがちなのが、ひじ、ひさ、かかとの三か所。

この三か所も出てすぐに保湿することが大切なんです。特にかかとはふやけやすくなっているうえ、歩くときに摩擦が起きやすくなっている部分でもあるから水分の蒸散も激しいんです。

ですからこれもお風呂から出てすぐにケアするというのがすごく大切になってきます。それをやるようになってから、がさがさかかとがあきらかに改善されましたね。

“乾燥肌のケアには正しい保湿が肝心” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です